沿 革

福岡県内では明治時代、小倉(現北九州市)と久留米に教会が設立され、活動が行われていました。戦後は長らく、神戸教会から司祭が巡回して牧会されてきました。
しかし、福岡市は九州の中心地であり、近年外国人も増えてきたことから、福岡の宣教の拠点として2010年5月、福岡伝道所が設立されました。
信徒の増加に伴い、福岡伝道所を発展的に解消して2024年2月、福岡市に隣接する志免町に九州北ハリストス正教会が新たに設立されました。